バランスの良い食事

食事や生活で改善させよう

男の人

偏った食生活や飲酒、運動不足が続いていると、尿酸値が高くなってしまうことがあるので注意しなければいけません。プリン体が豊富に含まれているビールなどを毎日晩酌される方は、数値が高くなってしまう傾向があります。また、レバーや鮟鱇の肝など肝臓系の食べ物にもプリン体が多く含まれているので、食べ過ぎると尿酸値が高くなり、痛風などの病気になってしまうこともあるので気を付けましょう。食べ物や生活に気を付けていても尿酸値が高くなってしまうことはあるので、尿酸値を下げるために何をしたら良いのか覚えてきましょう。尿酸値を下げるために効果的な食べ物はたくさんあり、有名なのが尿をアルカリ性に傾ける効果がある食品です。尿を中性からアルカリ性に変換することで排泄されやすくなるので、自然に尿酸値を下げることができます。ほうれん草やにんじんなどの野菜類や、ひじきや昆布などの海藻類、グレープフルーツやバナナなどの果物類が尿をアルカリ性に傾ける効果があると言われています。食べ物以外でも尿酸値を下げることが可能で、肥満防止効果のあるサポニンのサプリや、尿酸の生成を抑えて排泄を促進させるアンセリンのサプリが改善に役立つようです。サプリは健康食品メーカーがインターネット通販などで販売しており、尿酸値を下げるために多くの方が活用しています。食品やサプリだけに頼らず、体にあまり負担が掛からない水泳やウォーキングなどの有酸素運動も取り入れた方がいいでしょう。

食事管理と健康食品

果実

尿酸値の上昇は痛風をまねくことが知られていますが、その他にも尿管結石や腎臓の機能低下などの恐れがあります。現在尿酸値が気になっているのなら適正な食事を心がけて改善させていきましょう。尿酸は、様々な食べ物に含まれているプリン体の摂りすぎによって上昇します。体内に入ったプリン体は分解される際に老廃物を輩出するのですが、その老廃物が尿酸値を上げる原因となっています。尿酸値の上昇を防ぐためには、プリン体が含まれる食べ物を把握し、日々バランスの良い食生活を心がけることが大切です。特に貝やエビ、蟹などの甲殻類、レバーなどはプリン体が多く含まれるので、摂りすぎず適量にとどめましょう。中には尿酸値を下げる食物も存在しているので、意識してそれらを取っていくのも重要なことです。昆布やひじきなどの海藻類に加え、イモ類、ホウレンソウやゴボウなどは特に効果的です。現在は尿酸値を下げる効果が期待できるサプリも数多く発売されているため、同時に利用していくのも良いでしょう。尿酸値を下げるサプリとしては、ケルセチンや葉酸が含まれるものが効果的です。ケルセチンは体内でプリン体の分解を抑える働きを持っており、葉酸は尿酸の生成に関係している酵素を抑制してくれます。尿酸値を下げるサプリは現在様々な健康食品メーカーから発売されているので、含有成分に注目し購入しましょう。食事の改善とともに尿酸値を下げるサプリを摂っていくことはとても有効です。

水分を多く摂取する

女性

尿酸値が高いと、痛風になるリスクが高くなります。尿酸値を下げるためには、毎日の食事や生活習慣に気をつけるほか、尿酸値を下げるサプリを摂取するのが効果的です。毎日の食事においては、尿酸の元となるプリン体が含まれている食材を避けるようにしましょう。プリン体が多く含まれている食材は、レバーやマイワシの干物、大正エビなどです。プリン体は、1日の摂取量を400ミリグラムにまで抑えるのが賢明です。そして、尿をアルカリ化する食材を多く摂取するようにします。尿をアルカリ化する食材は、ひじきやわかめ、干しシイタケ、大豆、ホウレンソウなどです。レモンや梅干しなどのクエン酸が含まれる食べ物も、尿酸値を下げる効果があるほか、尿をアルカリ性に変える作用もあります。そして、尿酸を体外に排出できるように、水分をたくさん摂取することも心掛けましょう。1日2リットルが目安で、ジュースのように糖分の高い飲むものではなく、水や麦茶で摂取するようにします。食生活で尿をアルカリ化する食材を十分に摂取できない場合は、尿酸値を下げるサプリを摂取するのがおすすめです。尿酸値を下げるサプリには、サポニンやフラボノイド、カリウム、葉酸などの成分が含まれており、飲み続けるほどに、尿酸値を下げる作用があります。尿酸値を下げるサプリの摂取や生活習慣は、短期間ではなく、生活の一部として習慣づけることが、健康な体を維持するための秘訣となります。