尿酸を減らす成分を知る

より効果的な成分

男女

尿酸値を下げることはサプリでも可能です。そのために尿酸値を下げる様々な種類のサプリが現在販売されています。この様々な種類のサプリの中から、尿酸値を下げるサプリを選ぶにはそれに大きく貢献する成分を把握しておかなければなりません。まず1番注目されている成分はアンセリンです。アンセリンは尿酸が過剰に生産されるのを防ぎ、さらに尿酸の排出量を増やす働きがあります。体内から尿酸を少なくする働きがあります。尿酸値を下げるサプリを実際に探すならまず、アンセリンが含まれているサプリを探すことが重要になります。次にオススメの成分としては、クエン酸です。なぜならクエン酸には乳酸を減らす作用があるからです。乳酸は尿酸の排出を妨げてしまうので、尿酸を減らしたい方々には難敵です。乳酸減らしてくれるのがクエン酸です。このクエン酸とアンセリンを一緒に摂取できるサプリがあれば、アンセリン単体摂取よりもさらに効果的になります。最後に紹介したいのは、ある特定の方には摂りすぎないように気をつけていただきたい成分です。それはビタミンC とマグネシウムです。確かに両方とも、尿酸を減らすことには効果的です。しかし結石がある方は、摂りすぎないように摂取量を守って摂取してください。尿酸値を下げる成分を把握した上で、より効果が出るサプリを見つけましょう。また過剰摂取はやめ、サプリの袋やケース、取扱説明書に定められた適切な量を服用してください。

どんな成分が入っているか

女の人

食品にはそれぞれ栄養分が含まれています。ただ、自然の食品の場合、必ずこの成分が入っているとは限らない場合があります。一方、製造物の場合は、一定の成分が確実に含まれています。サプリを使えば、確実に栄養成分を摂取することができるかもしれません。痛風が気になるのであれば、尿酸値を下げるタイプのサプリを選びます。その時には、どんな成分が入っているかをチェックしましょう。尿をアルカリ性に近づけるタイプが良いとされていて、カリウムや葉酸が含まれているものがちょうどよいようです。葉酸の場合は、尿酸を作るのを抑制するとされているので、これからあまり増やしたくない場合には取ると良いかもしれません。一般の食事からはとりにくいので、サプリが最適です。尿酸値を下げる為のサプリを利用するとき、必ずした方が良いこととしては薬剤師に確認することです。ドラッグストアの場合、薬剤師が在籍しているときとしていないときがあります。購入するときは在籍しているときを狙いましょう。人によっては、他の薬などを服用している場合があるはずです。尿酸値を下げる為のサプリは、薬ではないので、薬の飲み合わせによる副作用の危険は少ないです。ただ、尿酸値を下げる効果のあるサプリにはアルカリ成分にするためのものがあり、それが他の薬に影響することがあります。薬剤師に確認をすれば、今飲んでいる薬に影響の少ないものを提案してもらえます。副作用でなくても、効果を下げてしまうこともあり、そのリスクを減らせます。

飲んだ後の行動も重要

女性

痛風の予防や改善効果を期待できることから、アンセリンなどの尿酸値を下げるサプリが話題になっています。ただしサプリには飲むタイミングが明記されておりませんので、もしも飲むタイミングに迷いましたら、食後に飲みましょう。食後とは、一般的に食事を食べた後の30分までのタイミングを指しますから、尿酸値を下げるサプリも、このタイミングで飲んでおきましょう。また、食後は胃の活動が活発になることで、さらに優れた吸収効果を期待できるのです。食事で食べた物の消化するには、胃腸で血液がたくさん必要になるため、体中から血液が消化器官へ流れて行きます。消化には打って付けのタイミングですから、その時に尿酸値を下げるサプリを飲んでおくのが望ましいのです。そして、尿酸値を下げるサプリを効率的に摂取したい場合は、サプリを飲んだ後、しばらく体を休めておきましょう。逆流性食道炎の疑いがある場合は無理ですが、そうでなければ右側を下にして、数分から10分程度横になることも効率的です。食べた後に運動を行いますと、横っ腹が痛くなることもありますが、これは運動を始めたことで、胃腸に集まった血液が筋肉に呼び戻されることも原因です。血液は酸素を供給する役目もあるため、消化器官で血液が不足すれば酸欠に陥り、そのことで痙攣が起こって痛み出すともされています。つまり、尿酸値を下げるサプリを飲んだ後は、胃腸がしっかり働ける環境をつくってあげることが大切なのです。